恋人との出会い

「恋人が欲しい〜!!」と心の中でも良いので叫んだことある人は多くいるでしょう。私もそのうちのひとりです。そう、思っていてもなかなかできませんよね。どうしたらできるんだろうかと悩む時もあります。なんて、私の話はどうでも良いんですよ。しかし、そのように思ったときに、まずは出会いがないと恋人はできませんよね。その出会いは偶然なのかそれとも必然なのかなんていう話にもなりますが、そこまで考えてしまったら恋の心が枯渇しているような状態ですよ。しかも、そんなこと考えてしまっても時間が掛かってしまいます。これは答えのない問いで、人間に課せられた人生最大の課題でしょう。

しかし、そこにいる相手とは同じ時間に同じ場所にいなければ出会いがなかったのです。しかも、この時間にこの場所にいることを選んだのは自分自身だったはずです。そう思うとすごいことだなと思います。ただ、出会いの瞬間にはそんのことを考えているわけではないので、深く思うこともないのですが。

でも、出会いっていったいどこにあるんでしょう。出会いというのはまっていても訪れないのです。これは出会いをもとめて、合コンやカップリングパーティなどに参加していこうということではないです。出会いを求めているという意識を持つだけでも良いのです。出会いを求めているんだという意識を常に持っているだけで、自分自身の中で意識が変わってくるものです。格好良くなりたい、女性から見向きされるようになりたいという気持ちになってくるものです。すると自然に出会いが訪れるのを待っているという状況ではなくなってくるのです。自然と意識も行動も恋愛モードへと変わっていくので、周りもそれを感じ取って接し方や態度も変わることもあります。

それにしても、恋人とのなる人との出会いは果たしてどこにあるでしょうか。周りを見渡してみれば学校や職場などの自分が属している集団の中にもあるかもしれません。また、友人や知人が紹介してくれたい、合コンを開いてくれることもあるでしょう。その中から運命の出会いもあるかもしれません。根性のある人なら街中で気にいった女性に声を掛けてみてもいいでしょう。いわゆるナンパというものです。もう少し深い付き合いをしたいと思っているのであれば、お見合いや結婚相談所に登録するのもいいでしょう。最近ではインターネットでの出会い系やSNSなどのコミュニティもにんきですよね。こういう感じに思いつくままに上げていっても出会いの方法というのはたくさんありますよね。時期やタイミングによって、その出会いが訪れなかったりもするので、なかなか結果に恵まれない人もいるでしょう。しかし、このような出会いの場に自分で足を運んで、自ら身を置きに行くことも大事です。ここから恋人なりうる人との出会いもあると思います。あとは、あなたの好みと相手の気持ちの問題です。そこがうまくマッチングすれば、恋人として人生を送っていけるのです。

恋のきっかけは出会いから

つきつめて考えてみると自分に今、恋人がいないのは出会いがないからではなくて、その出会いの先にある恋愛に発展していないだけなのだと思います。しかし、なかなか恋愛に発展させることもできないものです。ましてや、出会いと恋愛が同時に起こることもなかなかないでしょう。また、その出会いのすべてが恋愛に発展することもないのです。恋に発展するには、そこに何かしらのきっかけやポイントが存在すると思います。しかし、その何かというのは意図的に何かできるということでもありませんし、具体的に何をすればいいのかという正解もありません。自分の心と相手の心の問題になってきますので、自分の意志で動かすこともできないのです。敢えて言うならば、その時の感情に任せるしかないということでしょう。

もし、異性との出会いがあって、その出会いが恋愛に向かって走り出したのなら、そこから恋人と呼べる関係になれるかもしれません。しかし、その過程にはいろんなことを考えたり、感情の変化もあったりして、相手の気持ちはどうなんだろうと思うと切ない気持ちになったりしますよね。しかし、そんな毎日が楽しかったりもするのです。そこから、胸がドキドキしてときめいたり、相手との恋の駆け引きをしてみたりとこの時期にしか味わえない感情があって、それを感じることで充実していたりします。その時にはこの恋がうまくいくかどうかなんて考えなくても良いのです。恋愛なんていうものは走り出したら止まらないものなのです。何ものにも変えがたい、その恋心を楽しみながらうまく行く方法を楽しみましょう。

恋が一度生まれたのであれば、告白をしなければ恋人にはならないですよね。そんな時というのは自分の気持ちを伝えるだけなのに恥ずかしくて、どうしようもない感情が胸をしめつけたりします。また、失敗したらどうしようということも思ったりと、不安な気持ちに押しつぶされたりするものです。しかし、その出会いには何か意味があったはずです。恐れずに素直に気持ちを伝えましょう。

このページの先頭へ